借地権のいいところ

借地権のいい所について

借地権のメリットとデメリット

借地権には、メリットとデメリットがあります。1992年以前に契約した場合には、旧借地法での契約となります。この場合は、メリットとして建物が存続する限り半永久的に住み続けることができます。また、土地の取得税や固定資産税、都市計画税などを支払わなくともよいのです。デメリットとしては、借地であっていうまでもなく自分の土地ではないので、銀行などからの融資を受けることはできない、地代がかかる、住宅の建て替えや譲渡する場合には地主の承諾が必要であり、場合によっては承諾料を払う必要があります。

↑PAGE TOP