法律の勉強の始め方

法律初心者は入門書から

初心者が法律の勉強を始めるなら

初心者が法律の勉強を始めるなら、薄めの入門書を読むと、大まかなイメージをつかむことができるため適しています。いきなり難しい本を読んでも、かえって混乱してしまいます。特に、この分野は抽象的な概念が頻出しますし、専門用語も多いです。そのため、いきなり難しい本を読んで理解することは絶対に無理です。その点、薄めの入門書は、法律を学ぶうえで最低限知らなければいけない用語の解説をしていますし、わかりやすく具体例を用いて解説したりするなどの配慮がなされています。そのため、初心者でも挫折せずに学び始めることができます。

法律の効率的な勉強の仕方

法律の勉強は、抽象的なので難しいですが、効率的に学ぶ方法があります。それは、具体的事例を意識することです。どのような条文があっても、それが使われているのは実社会です。それは裁判であったり、裁判外の紛争であったりしますが、それらは具体的事実なのでイメージがわきやすく、何が問題となっているのか、その主張は法的に正しいのかを知ることができます。最近は事例形式の法律基本書が販売されていますし、判例集を見れば裁判でどういった点が争われていたのかを知ることができます。そのため、勉強の際には適宜参照するのがおすすめです。

↑PAGE TOP